dawnblueⅡ

dawnblueⅡ(前のブログ、溢れちゃったので、増築)

オイルシールとマスターシリンダのインナーパーツの交換

Category: ZZ-R  
正確に言うと、オイルシールは、
バランサーシャフトのバックラッシュ調整部のオイルシールのことね!

010DSCF1898.jpg 011DSCF1902.jpg
いつものように、センスタ立てて、置きます。

020DSCF1903.jpg 021DSCF1905.jpg 022DSCF1908.jpg
エンジンオイルを抜き取ります(勿体無いので、再使用します)
オイルがあらかた落ちたら、オイルパイプも外す準備をします。
(オイル残っているから、落ちてくるよ)

023DSCF1909.jpg
パイプが外れました。

024DSCF1910.jpg 025DSCF1913.jpg
バランサーシャフトクランプレバーを外してみると、オイルシールが傾いて、浮いてきてるですよ。

026DSCF1922.jpg 027DSCF1926.jpg 028DSCF1928.jpg
シールを打ち変えて、プレートを取り付けます。バランサーシャフトプレートの留めボルトには、ネジロック剤を塗ってね。

029DSCF1933.jpg 030DSCF1934.jpg
オイルパイプを元に戻して、おいるを注入し、エンジンを始動させます。
んで、バックラッシュの調整をして、カウルを取り付けて、
前半戦、終了!

続いて、フロントブレーキのマスターシリンダー、インナーパーツの交換を行います。

040DSCF1938.jpg 041DSCF1940.jpg
まずは、インサートコーンで、ピストンのカップを取り付けておきます。

042DSCF1941.jpg
リザーバータンクのフルードを吸い取って

043DSCF1948.jpg 044DSCF1949.jpg
マスターシリンダーから、インナーパーツ抜き取ります。
インターナルサークリッププライヤーを持っていないと、無理ですよ!

045DSCF1957.jpg 046DSCF1958.jpg
新しいインナーパーツを組み込んで、シールカバーをつけて、

047DSCF1959.jpg
マスターシリンダー、ブレーキホースのエア抜きをして、おしまい!

作業時間、ちょうど二時間でした。


今回の作業で、注意しなきゃいけないのは、
1、オイルシールの交換の後、バックラッシュ調整はサービスマニュアルの指示に従い、、きちんとね!
2、ブレーキフルードをこぼしたら、すぐに拭き取る。(ブレーキフルードは、塗装に対し攻撃性があります)
3、ブレーキのエア抜きは確実に

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ス

Author:ス
名前:ス(スクラフィー)

出来ない言い訳を考えるくらいなら・・・その前に行動しろ。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR