dawnblueⅡ

dawnblueⅡ(前のブログ、溢れちゃったので、増築)

クラッチを握らないでシフトチェンジをしても良いの?その2

Category: オートバイ  
前回の続き、

オートバイのミッションは、分類すると、ドグミッションと呼ばれるものになります。

ノンシンクロトランスミッションで、常時噛み合いなヤツってのを総称して、ドグミッションです。

意味判らないですよね?
ここで、出てきたのが、「ノンシンクロ」
じゃあ、「シンクロ」もあるのか?ってことになるです。

シンクロトランスミッションって、今どきの一般的なクルマ(マニュアルトランスミッション)が全て
それになります。

ドグミッション

カウンターシャフトとアウトプットシャフトの構成は、おおむね、こんな感じで、
常時噛み合い歯車で、スプラインシャフトをスライドする、スリーブの構造的なものが、

シンクロナイザで、回転数(カウンターシャフトとドライブシャフトの)を一致するように調整しつつスリーブが飛び込むものです。

回転数を合わせる機構が上手く働くには、
どちらか片方がフリーに回転数を調整できる状態じゃないと駄目ですから、
クラッチをキチンと踏み込んで、カウンターシャフトがフリーになっている必要があるわけです。
そうでないと、一番弱い箇所・・・・シンクロナイザーが、イカれます。

それにたいし、ドグミッションは、いきなり、ガツんと噛み込むんです。
ただし、カウンタ&ドライブシャフトの回転に大きく差があっては、飛び込みません。

でも、多少の差なら、飛び込んでも大丈夫なように、吸収する箇所が・・・
チェーンや、ハブダンパーなわけです。

もともとシンクロさせる能力が無いミッションなので、ライダーが回転を合わせれば良いです
スキップシフトしない(シーケンシャルなドラムしきシフト機構なので出来ません)

だから、クラッチをキチっと握らなくても、ダイジョブよ~!(きっと)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こういうネタ、大好きなんだけど、あんま人気ないのね(w
スポンサーサイト

Comments

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ス

Author:ス
名前:ス(スクラフィー)

出来ない言い訳を考えるくらいなら・・・その前に行動しろ。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR