dawnblueⅡ

dawnblueⅡ(前のブログ、溢れちゃったので、増築)

なんとなく

Category: オートバイ  
なんとなく、理解出来ない(勘違いしてる)理由を…理解出来てきたかも?


12ボルトの電圧の回路に10オームの抵抗を接続したら1.2アンペア流れる

電線にも微量ながら抵抗が存在します。
2スケア(2mm^2)で1メートルであれば0.0084オーム

それが非常に少ない抵抗なので、普通はそれを無視して計算しています、でも抵抗は抵抗であることを覚えておいて下さい。


そして、電力の計算
電力=電圧×電流

先ほどの12ボルトの電源に10オームの抵抗を接続した回路

電圧は12ボルトで電流は抵抗にも電線にも1.2アンペア流れているのに、電線は素通り(仕事をしない)だが、抵抗は電力を消費している
これを見る限り、電線は、ただの電気の通路でなんの意味も無い……という解釈なんでしょう

と言うか、電圧は12ボルトで1.2アンペア、それを乗じて14.4ワットの電力は、抵抗にも電線にも現れるんじゃないの?って
思ってるのかも?
そこが勘違いの根幹ですね

(計算しやすいようにします)

電線の抵抗値は長さに比例し断面図に反比例します。

ここで、電線の長さを120メートルにすると、電線の抵抗値は120×0.0084=1オームになります
プラスとマイナスの両方(往復)で合わせて2オーム

12ボルトに10オームの抵抗と1オームの電線(プラス側)、1オームの電線(マイナス側)合計12オーム
電流は
12ボルト/12オーム=1アンペア
となります

電線はただの通路ではなく、電力を消費するもので
1オーム、1アンペアで1ワットの消費

ただし、120メートル全体で1ワットなのでほとんど、変化は感じられないでしょう(もう一方も同じ)

で、元々の抵抗は10オームで1アンペアですらか10ワットの電力を消費します

電線も電力を消費するということを理解して頂きたい。

現実的には電線は1メートル程度ですから、抵抗は0.0084オームくらいで
プラスとマイナスの往復で0.0168オームです。

先ほどの
12ボルトに10オームの抵抗を接続した回路は厳密には
10.0168オームの抵抗となり、
12/10.0168=1.197987アンペアとなり

抵抗に掛かる電圧は11.97987ボルトと12ボルトをほんの少し下回ることになりこれを電圧降下と呼びます

1アンペア程度ですと、微々たるものですが、ヘッドライトではおよそ5アンペア流れ電圧降下も五倍となります

これを少しでも軽減させるために、太い電線とし、可能な限り短くするのが良いのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村、ランキング参加中

先に言い訳しとこ(笑)

出張中の休日に暇つぶしで、観光の移動中にケータイて記事書いてるから、誤字脱字はメンゴのベンカンで生暖かい目で見てね!


スポンサーサイト

Comments

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ス

Author:ス
名前:ス(スクラフィー)

出来ない言い訳を考えるくらいなら・・・その前に行動しろ。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR