FC2ブログ

dawnblueⅡ

dawnblueⅡ(前のブログ、溢れちゃったので、増築)

一刻も早くロックダウンすべき

Category: つぶやき  
コロナウイルス関連

・アールノート(患者一人が何人の他人に感染させてしまうかの数値)
インフルエンザは1.3 コロナは2-2.5
数値的にも差がないように感じられる。

・症状は、インフルエンザと良く似ている、発熱と空咳
どちらも、肺炎となり、死に至ることがあります。

症状から、インフルと同じようなイメージで捉えることは仕方の無いこと


アールノートの話に戻ると、
インフルは、1人の感染者につき、1~2人が感染してしまう。
コロナは、1人の感染者につき、2人以上が感染してしまう。

(動画内では、10周周った合計はインフル56人、コロナ2047人としている。)

感染者が感染者を増やす、感染力の違いは時間とともに、大きな差となるわけです。
インフルみたいなもんでしょ!と言う安易な考えが事態を悪化させてる

アメリカでは、インフルエンザで毎年60,000人が亡くなってる
3月29日の時点で、34,000人 (たった数ヶ月で・・・)
感染力の強さから、これから来るであろう山の高さを想像してみてください。


★ココ、重要

・潜伏期間の長さの違い

インフル、2日
コロナ、5~14日(潜伏期間中も感染力を持っている)

インフルは、症状が出るのが早いので、他人に移さない行動を取りやすい。
これに慣れてて、コロナも症状が出てからと考えてしまう。
潜伏期間が長いので、自分が感染しているとは知らずに数日から数週間行動し、他人へ移してしまう。

・誰も免疫を持っていない

インフルは、予防接種を受けている人、既にウイルスにかかった人がいるので、先ほどの基本感染者数のトコで
感染者が居ても、抗体を持っていない人へしか感染しない
予防接種し、抗体を持つことで、感染爆発を防いでいるのです。
抗体を持っている人が防波堤となり、もって居ない人を守っている。

コロナは、抗体も無ければ、ワクチンも無い
地球上の人類全てが感染してしまう可能性がある

ざっくり、全人口の20-60%が感染すると予測されてる。

・重症化率
インフルの入院率は、2%
コロナの入院率 30%

インフルの死亡率、0.1%
コロナの死亡率、1~3%
(全年齢の数値であり、年配者の死亡率はもっと高い)


インフルは、それでも、年間6万人が亡くなってる

ざっくり、全人口の20-60%が感染すると予測されてる。

そうならないために、感染網の中に入らないこと、
外に出ない、人と接触しない。



・暑くなると、脅威が収まる
通常のコロナウイルス、インフルウイルスの場合、
高温多湿で死滅する場合が多く、
風邪やインフルが夏に流行らない理由もそれ

だが、新型コロナは、暑い地域でも感染が広がっている

国内では、その期待から、先延ばしにしているように感じられるが、
これからのことを考えれば、今、判断するときであると思う。









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


2020/04/05 都内の感染判明者 143人
その人たちは、過去二週間で、何人の人と会い、話をし、移したのだろうか?

スポンサーサイト




Comments

« »

05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ス

Author:ス
名前:ス(スクラフィー)
またの名を:す(State electrician)

出来ない言い訳を考えるくらいなら・・・その前に行動しろ。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR