FC2ブログ

dawnblueⅡ

dawnblueⅡ(前のブログ、溢れちゃったので、増築)

心の傷のコト

Category: オートバイ  
人間って、身体のダメージより、精神的なダメージによって、大きな痛手を負うことが多いよね。


例えば、バイクがパンクした。
とりあえず、パンクを修理する。
が、遠くない将来、タイヤ交換をするライダーが半数以上だと思う。

たった、一度だけでも、そのショックにより、タイヤを信頼出来なくなる。
ちょっとした轍でも、カーブの特殊路面であっても、どうかすると、心配で心配で、
堪らないほど心配で、今までのように走れなくなる。

(ちなみに、私は全然平気、パンクして、自分で修理して、直後にサーキット走行しちゃうくらい)

パンク修理の栓(ゴムの円錐状のやつ)が、バランスに影響がありそうとか、そこだけ、ゴムの材質が違うとか、
まあ、ソレまでが無頓着だったから、余計にね!

ま、要するに怪我をした時、傷口を確認するまでは平気だったけど、
ぱっくり開いて、血がドバドバ・・・って傷口を見た途端に、青ざめるってのと同じ。

エンジンオイルの漏れだって、フロントフォークのオイル漏れも然り、
ブレーキパッドの残り厚みとか

私のコーハイの話なんだけど、(もう何十年も前のコト)

クルマで、高速道路を走ってて、パンクに気づかず、サービスエリアのガススタで給油の際に
店員さんに指摘されて、気づいた。

サイドウォールが、ズタボロで、使い物にならない。

そこのスタンドの在庫には、同じタイヤは無く、
仕方ないので、サイズは同じだけど、別のタイヤを入れた。
手持ちのお金の問題で、一本だけの交換。

その後からは、一本だけ、タイヤのメーカー、ブランドが違うので、
気持ちよく走れなくなっちゃったと・・・
「なんか、左右でバランスが悪いような気がして」

いや、お前、パンクに気づかなかったんだろ?


************************
今回の友人のトラブルも同様に、心の傷にならないか、心配であった。

なんか、オーバーフロー気味で、一旦、休憩とかすると、しばらく、吹けなくなる。
カブるというか、そんな感じ、
エンジンは回っているけど、吹けない、スロットルを全開にしてても、ストールしたりする。
燃料コックを閉めて、回し続けると、数分で、吹けるようになる。
その後は、コックを開いても、何事も無かったかのように、吹けるようになる。

そんな状態で、走ってた。

で、それとは関係無く、レギュレーターが逝かれて、レギュレータ内部で短絡、メインヒューズ切断で、電気シャットダウン、エンジンストール
走行不能


レギュレーターは、大陸のバチモンだったので、メーカー純正に交換

が、カブり、燃料リッチの原因は、不明のまま。


で、昨日、モレとシグナスのメンテしてて、
「そいえば、シグナス、KN企画の激安エアクリに交換して、始動困難になったことあったな・・・
(純正品を新たに購入して使ってる。)

あれ?、まさか・・・アフターのエアクリに交換しているとか?

で、エアクリのことを連絡したら

「実は、エアクリ無し状態で、入手して、復活させたときもそのまま、
でしたが、長距離走るので、エアクリを入れたんですよ、純正のを」

って、それだ!

エアクリリレスで燃調、合わせてた車両じゃないの?
明日、エアクリ、取り外しちゃいましょう!

それで、どんな具合になるか?

改善したら、キャブのジェットの確認をして、
サービスマニュアルの記載データと比べて・・・・という方向ですね。



で、結果は、○

”現状のジェットでは、エアクリレスで合っている。”

今日の帰りの走りは”ルンルン”
お昼を食べた後の、再始動も、無問題。

無事に、自宅に帰りついたと連絡もあり、

今度の進展が愉しみである。

ジェットの番手を下げて、エアクリ有りで燃調を取る。


今回のような事象で、心のダメージはかなりのものだと思うが、
本人、全然、へこたれていない。
最初は、奥多摩へ行こう位のことを言ってた。
(私がこの状態だと、他のトラブルが怖いので、真っ直ぐ帰宅したほうが良いと勧めたのだ)

さすがに、自分でオコしただけも事はある、
復活までに、今回以上のトラブルを乗り越えて居るのだと思われ、
私の心配は取り越し苦労であったと確信した。
************************

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村、ランキング参加中

こういうトラブルを乗り越えて、バイクへの愛着が沸くってもんだね。
スポンサーサイト

Comments

« »

05 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ス

Author:ス
名前:ス(スクラフィー)
またの名を:す(State electrician)

出来ない言い訳を考えるくらいなら・・・その前に行動しろ。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR