dawnblueⅡ

dawnblueⅡ(前のブログ、溢れちゃったので、増築)

バイクからの警告

Category: ZZ-R  
今日は、オイル交換とリヤのブレーキパッドの交換するです。
20170514100DSCF5395.jpg
定位置に置いて

20170514101DSCF5397.jpg
オイルを落とします。

20170514102DSCF5398.jpg
右側のカウルを外すとやりやすいのですが、
冬にイロイロあって、割れた(補修した)カウルなので、建て付けが悪いです
ですから、左側を外してやろうとしたのですが、
結局右も外す羽目に(www


20170514103DSCF5401.jpg 20170514104DSCF5402.jpg
はい、何度も記事にしてますが、ドレーンは二かk所あります。



20170514105DSCF5405.jpg
ドレーンからの排出が収まったら

20170514106DSCF5407.jpg
オイルエレメントを外して交換します。
廃油受けはそのままでね!

20170514107DSCF5408.jpg
真ん中を緩めると

20170514108DSCF5412.jpg
周りから、オイルがどちゃ~!っと(ww
なので、廃油受けはそのままにしとく必要があったわけです。

20170514109DSCF5415.jpg 20170514110DSCF5417.jpg
エレメントをバラします。

20170514111DSCF5418.jpg 20170514113DSCF5419.jpg
新しいエレメントの大きさを比べて、同じであることを確認します。


20170514114DSCF5421.jpg 20170514115DSCF5422.jpg 20170514116DSCF5424.jpg 20170514117DSCF5428.jpg
Oリングを新品と入れ替えます。
シールリムーバーか細いドライバで外します。

20170514118DSCF5430.jpg
蓋に残ったオイルは綺麗に拭き取って

20170514119DSCF5432.jpg 20170514120DSCF5433.jpg
大きなOリングも交換し、元のように組み立てます。

20170514121DSCF5436.jpg
優しく、元通りに組みます。


20170514122DSCF5441.jpg
ドレーンも締め付けて、廃油は廃油処理箱へ

直接廃油処理箱へ落とさないのは、変な金属片とか、オイルの状態を確認するためです。
キャブのオーバーフローとかで、オイルにガソリンが混ざったときにも判りますし・・・



20170514123DSCF5445.jpg 20170514124DSCF5446.jpg 20170514125DSCF5448.jpg

オイルを注ぎ込みます。
オイルはカストロールのRS、クルマ用のです。

クルマ用のエンジンオイルを入れると、クラッチが滑るとか、
クルマはエンジンだけの潤滑で、バイクのようにトランスミッションの潤滑は行っていないから,ギヤ・ミッションに悪影響があるとか・・・
エンジン回転数がクルマとは段違いに高いので、潤滑不良やオイル切れを起こすとか


サーキットでレブ打つ(11500rpm以上)まで回したり
真夏に数百キロの下道オンリーツーリングしたり、
特別、いたわって使っているとは言えませんですが、

10万キロまであと100km以下になりましがが、クラッチは滑ってません。
ミッションの具合も問題ないです。
8万キロくらいでカムカバー開けたけど、カジりも無く

思いのほか、トラブルの少ない車両ですよ!


250マルチとかに比べると(250マルチは18000rpmくらいまで回る)
回転数は低いですが、ストロークの長さから、ピストンスピード(クランクの周速)はリッターバイクのほうが段違いに速いです。
マルチは30~33mmくらいですが、ZX-11のエンジンは、58mmもあるのですよ!


まあ、そゆことですよ。


20170514126DSCF5450.jpg
オイル、2L入れたトコです。

20170514127DSCF5452.jpg
3.5L入れて、こんな感じ(入れすぎ?)


20170514128DSCF5455.jpg
エンジンを回すと、各部にオイルが送られて、油面は下がります。

20170514129DSCF5457.jpg 20170514130DSCF5461.jpg
エンジンを止めると、落ちてきます。

20170514145DSCF5653.jpg

で、最終的には、このくらいの油面


オイル交換はこれで終了!

はい、続いて、リヤブレーキパッドを交換します。

20170514131DSCF5464.jpg 20170514132DSCF5466.jpg 20170514133DSCF5468.jpg
カバー外して、ベータピン抜いて、ホルダーピン抜いて

20170514134DSCF5472.jpg 20170514135DSCF5474.jpg
古いパッドと新しいパッドを比べると、厚みが半分以下まで磨耗してます。


20170514142DSCF5493.jpg
キャリパーピストンを戻して

20170514136DSCF5476.jpg
厚みの増えた新しいパッドを挿入して

20170514137DSCF5481.jpg 20170514138DSCF5483.jpg 20170514139DSCF5487.jpg
元のように組み付けます。


20170514140DSCF5491.jpg
んで、マスターシリンダーを何度か踏んで、パッド&ピストンを正しい位置へ

20170514141DSCF5492.jpg
カバーも戻します。

20170514143DSCF5497.jpg 
バイクの外装を戻して

 20170514144DSCF5499.jpg

完了です!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村、ランキング参加中

ブレーキパッドに限らず、バイクからの音にしっかり耳を傾け
パッドの鳴きは、磨耗が進んだときに振動で鳴るとか(私のZZ-Rの特性)
まあ、他にもイロイロとあると思います。
乗り続けることで、どんどんとバイクと意志疎通が出来るようになると思います。

どうか、バイクからの声を聞いて上げてください。
スポンサーサイト

右スイッチ交換

Category: ZZ-R  
届きました。
201705031123DSCF5309.jpg
新品ではなく、中古です(wwww
だって、半額以下なのですから!

さっそく、交換すべえ・・・え?
201705031133DSCF5311.jpg
オイルプレッシャーのインジケータが点灯しない・・(画像は、修理後)
ランプはLEDに交換しているから、球切れじゃないだろうな・・・


[油圧警告灯]=
キーオンにて点灯、
ンジン始動によりオイルポンプからの潤滑オイルが圧送され、オイルエレメントを通過後に
その油圧により油圧警告灯スイッチを押しこみ、電気接点が開放、油圧警告灯は消灯する

つまり、
オイルポンプの故障
オイルエレメントの詰まり(バイパスバイパス機能を有しているのが普通)
潤滑油の不足
によって、点灯する。

その警告灯の点灯をキーオンにて確認しているわけだが・・・それが点灯しないのだ!


201705031236DSCF5318.jpg
アンダーカウルを剝ぐって

201705031234DSCF5313.jpg 201705031234DSCF5315.jpg

プレッシャースイッチの在庫も所有しているけど、たぶん。配線かな?って
オイルでウェッティなのが原因っぽい?
断線してはいない様なので、一旦端子を緩めて、もう一度締めなおす。

201705031133DSCF5311.jpg
なんか、治りましたけど、経過観察しときましょ!

と、寄り道したけど、右スイッチの交換です。

201705031249DSCF5322.jpg
タンク、インナーカウル、エアクリボックスを外します。
201705031250DSCF5324.jpg
白の4ピンコネクタ、緑の6ピンコネクタが右スイッチのコネクタになります。

201705031251DSCF5325.jpg
あ、そうそう、ストレートポートのZXT10CEは、キャブの中に異物が入っちゃうと、そのままシリンダーまで転がって入っちゃいますので、異物混入防止で蓋しましょ!
201705031251DSCF5326.jpg
コネクタ外して、優しく抜きます。フレームを貫通しているので、優しくしてね!

201705031256DSCF5331.jpg
スイッチボックスは、ネジ二つで外れますが、
配線は、ブレーキレバーの根元にも送られていますし、
スロットルワイヤーもあるので、慎重に外してね。

201705031257DSCF5333.jpg
新旧を比較します。

201705031259DSCF5336.jpg 201705031259DSCF5337.jpg
コネクタ二個の配線、10本で、6本が同じってトコまでは画像でも判る

201705031300DSCF5362AA.jpg
残りは、図面と照らし合わせて、、、、、OK?

とりあえず、動作確認を取り付ける前に行うのが、良いと思うよ!

201705031301DSCF5339.jpg 201705031325DSCF5346.jpg

動作確認が終わったら、コネクタ接続して、ハンドル右を組みます。

201705031325DSCF5349.jpg
壊れた方は、スイッチのカバーの折損ですね。

201705031348DSCF5352.jpg

ということで、ちゃちゃっと戻して

201705031358DSCF5354.jpg

使った工具は、こんなもん


201705031406DSCF5356.jpg
はい!、完了です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村、ランキング参加中

11:23部品到着
11:33作業開始
13:48作業完了
14:06車両収納

スターターボタン

Category: ZZ-R  
会社の同僚と走った。

待ち合わせは、朝の六時
だから、ちょっとノンビリ感が漂う。
20170501000P1480397.jpg
とりあえず、給油

20170501001P1480403.jpg
青野原(どうしみち)

20170501002P1480408.jpg
道の駅、どうし

ここで、アクシデント・・ではない。
スターターボタンが欠落、どうしみちのどこかに落とした。
20170501011P1480439.jpg
こんな状態。

○の中のバネを奥まで押し込むとセルフスターターモーターは回り、エンジンは始動するが、
バネは、奇跡的にそこに保持されているだけで、引っ張ると簡単に脱落する。
そして、バネ自体が、接点としても利用されており、バネを介在して、回路がメークされるのだ。
だから、バネがないと、スターターは、回らない。バネは落ちそう

なので・・・

20170501011P1480433.jpg
ビニールテープで蓋をする。
居合わせたライダーさんが、ビニールテープを分けてくれたのだ。
感謝!感謝!

グローブをしたまま、人差し指で押し込めば、okなのだ!
ということで、押し掛けの心配もなくなり、出発!

20170501003P1480413.jpg
本栖湖

20170501004P1480418.jpg 20170501005P1480419.jpg
道の駅 下部(しもべ)

20170501006P1480422.jpg 20170501007P1480423.jpg
道の駅 身延

20170501008P1480424.jpg 20170501009P1480426.jpg
さった峠に行ったけど、富士山は雲の中

20170501010P1480430.jpg
富士川SA(道の駅富士川楽座)で、桜えび丼とそばを食って(たまご無料サービス)

「娘が小学校から帰ってくる前に帰宅したいお父さん」なので、高速でピューっと帰宅
20170501012MAP_000.jpg

富士川ETCから、横浜町田まで、雨雲から逃げ切って、帰宅。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村、ランキング参加中

朝の5時から、13時半まで、360kmを8時間半で走破


んと、スターターボタンだけのパーツは存在しません。
スイッチボックスアッシイでの交換になります。
右側、キルスイッチ、スターターボタン 46091-1672   ¥7985
右側、キルスイッチ、スターターボタン ライトスイッチ 46091-1670  ¥9854
仕向け地で、型番が異なり
オーストラリア向けは、ライトスイッチ無しであるが、私のは配線改造してありライトスイッチ有り


というわけで、手配完了

楽しい?退屈?

Category: ZZ-R  
昨日の記事
こういう表って、すごく意味があって、眺めているだけで、楽しいのだが・・・

たぶん、多くのライダーが見もしないんだと思う。

なのに、オイル交換の時期とか、やたら拘るのって、変じゃね?

毎日チェック
というか、
注意して気遣えよ


ブレーキの効き具合
ブレーキフルードの液量
タイヤの空気圧
タイヤの亀裂および損傷
タイヤの溝の深さおよび異状な磨耗
クラッチフルードの液量
エンジンのかかり具合および異音
エンジンの低速および加速の状態
エンジンオイルの汚れおよび量
冷却水の量
投下装置および方向指示器の作用


6ヶ毎に点検しとけ
ブレーキの効き具合
ホースおよびパイプ 漏れ・損傷および取り付け状態
タイヤの空気圧
ホイールナットおよびホイールナットの緩み
クラッチの作用
トランスミッション 油漏れおよび損傷
チェーンの緩み
点火プラグの状態
排気の状態
エアクリーナエレメントの状態
エンジンオイルの漏れ
エンジンオイルの汚れおよび量
冷却水の量
投下装置および方向指示器の作用

12ヶ月毎に点検しる
ハンドル操作具合
フロントフォークの損傷
フロントフォークステアリング・ステムの取り付け状態
フロントフォークステアリング・ステムの軸受け部のがた
ブレーキの効き具合
ブレーキホースおよびパイプ漏れ・損傷および取り付け状態
リザーバタンクの液量
マスタシリンダーおよびホイールおよびブレーキキャリパの機能、損傷および損傷
ディスクとパッドの隙間
パッドの磨耗
ディスクの磨耗および損傷
タイヤの空気圧
タイヤの亀裂および損傷
タイヤの溝の深さおよび異状な磨耗
ホイールナットおよびホイールナットの緩み
フロントホイールベアリングのがた
リヤホイールベアリングのがた
サスペンションアーム 連結部のがたおよびアームの損傷
ショックアブソーバの油漏れおよび損傷
クラッチオイルの液量
クラッチの作用
トランスミッションの油漏れおよび損傷
チェーンの緩み
スプロケットの取り付け状態および磨耗

点火プラグの状態
バッテリターミナル部の接続状態
電気配線接続部の緩みおよび状態
エンジンのかかり具合および異音
エンジンの低速および加速の状態
排気の状態
エアクリーナエレメントの状態
エンジンオイルの漏れ
エンジンオイルの汚れおよび量
燃料漏れ
キャブレタのリンク機構の状態
スロットルバルブおよびチョークバルブの状態
冷却水量
冷却水の漏れ
灯火装置および方向指示器 作用
警音器および施錠装置  作用
計器の作用
エグゾーストパイプおよびマフラー 取り付けの緩みおよび損傷
マフラの機能
フレーム ゆるみおよび損傷
シャシ各部の給油脂状態

交換の期間
一年毎

ブレーキ液の交換
クラッチ液の交換

二年毎
冷却水の交換

四年毎
マスタシリンダカップおよびダストシールの交換
キャリパピストンシールおよびダストシールの交換
クラッチマスタシリンダカップおよびダストシールの交換
スレーブシリンダのピストンシールの交換

1993年式なので、今年で24年目
たぶん、今年、10万キロになる
10万キロまでなら、誰でも到達出来る
20万キロまでも、ちょいと頑張れば到達出来る
30万キロくらいまで行けたらサイコー!
たぶん、30万キロ到達前に私のライダー人生も終焉を迎えると思うし。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村、ランキング参加中

点検整備項目

Category: ZZ-R  
ちょっと、覚書

20170326_PP01
20170326_PP02

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村、ランキング参加中


ま、コレを最低レベルとして、ちゃんとメンテしないとねえ~!

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ス

Author:ス
名前:ス(スクラフィー)

出来ない言い訳を考えるくらいなら・・・その前に行動しろ。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR