dawnblueⅡ

dawnblueⅡ(前のブログ、溢れちゃったので、増築)

優先は専用ではない。

Category: つぶやき  
10月の末に、発端丈山からの富士山を撮影したんだけど、

20171026_007_DSC09860.jpg
それから、だいぶ経って
富士山はもっと白くなったので、もう一度イッテミた。

20171119_000_IMGP0001.jpg
が、出発は、0730どんだけのんびりなんだ?

もうさ、途中、自分に腹が立つくらいに、混んでるの、
ま、すりすりするんだけど・・・・

いくつか、バイクのグループが渋滞に一緒に並んでるのと、
左隅のすり抜けゾーンで邪魔するのと・・・

ま、ムカつくけど、それ、自分が足らないから、ムカつくんだと、戒めつつの走行です。

すり抜けを正当化はしないけど、すり抜けしないで、渋滞にハマるんなら、みんなでワンボックスに乗って行ったほうがたのしいんじゃね?なんて、言ってみるテスト!
20171119_001_IMGP0003.jpg
原宿のエネオスで給油して、

20171119_002_IMGP0007.jpg
箱根の麓で休憩

20171119_003_IMGP0009.jpg 20171119_004_IMGP0010.jpg
箱根峠は気温4度(0954)


20171119_005_IMGP0012.jpg
沼津のリトルデーモンに寄って(何も買わないが)


20171119_006_IMGP0014.jpg 20171119_007_IMGP0015.jpg
三浦の案内所前が混雑してたので、バイクは農道の突き当たりへ

20171119_008_DSC00137.jpg 20171119_009_IMAG0006.jpg 20171119_010_DSC00138.jpg
一時間くらい粘ったが、富士山は頭を出さず。


20171119_011_IMGP0022.jpg
帰りにR136で給油して、

20171119_012_IMGP0026.jpg
小田原で休憩して、帰宅

そして、タイトルは・・・
涼しくなってきて、自転車さんがいっぱい走ってるんですけど、
その、もちろん、優先ですよね、自転車は、クルマやバイクよりも、
でも、明らかに邪魔になっている場合でも、我が物顔で、避けもしないで、
後方からバスが来てるとか、判ると思うんだ。
バスは車体が大きくて、自転車を追い抜くにも対向車を気にして・・・上手いこと追い抜けない。
その後方に、クルマが長い列を作ってる。


優先だけど、専用じゃないし、邪魔してると明らかなのに、避けたり、譲ったりしないのって、どういう神経なの?って思う。
モレさんなら、登りではパワー無いので、遅いくて譲るし、下りは最高でも、60km/hなので、やっぱり譲る。
あ、ZZ-Rになると、どけどけどけー!って感じなのはてへぺろ!
スポンサーサイト

秋深まって

Category: つぶやき  
たいそうなタイトルだけど、
20171118_000_IMGP0100.jpg 20171118_001_IMGP0101.jpg
寒いので、ハンドルカバーを付けたの・・・(ww

20171118_002_IMGP0103.jpg
もちろん、坊主のカブにも付いている。

でも、ZZ-Rには、付けない、当たり前だよね。
ハンドルカバーはかっこ悪いから!
バイクに乗るなら、ハンドルカバー付けない、そこ、こだわりたい!

スクーターは、バイクじゃないので、良いのだ!

ちなみに、坊主のカブは、どーでも良い!


だいぶ寒くなってきたので、追浜の雷様の大銀杏に行った。
20171118_003_IMGP0090.jpg
もうちょっとだった。

20171118_030_20151206_P1360438.jpg
大銀杏と赤い鳥居が良い感じなのです。
(撮影は2015年12月6日)




「西の空に、明けの明星が輝く頃、一つの光が宇宙へ飛んでいく。それが僕なんだよ。」
と、去っていった彼は、M78星雲での用事を済ませ、今はここに居ました。
20171118_004_IMGP0082A.jpg
こんど行ってみよう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村、ランキング参加中


話変わって、
20171118_000_A001.jpg 20171026_007_DSC09860.jpg
アニメと現実、再現率高いけど、ちょっとズレてる。
たぶん、三の浦の案内所付近から飛べるようにならないと、完璧なのは撮れないね!

これだから、カワサキは・・・・

Category: オートバイ  
今朝、すれ違ったバイク
カワサキのゼファーχだったか?

オッサン、ジェットヘルのあご紐締めず。
(あご紐を締めない理由が象増出来ない)
ちょっとマナー的に、どうよ?ってのはカワサキの小さいの(250とか400)
に多い気がする(個人的感覚)

あとは、狭い路地で、BBAの乗った軽とオッサンのクルマが衝突したらしい現場を見た。

オッサン、BBAの運転のヤバさを感じて、対応しとけば、ぶつかることは無かっただろうに、
BBAが悪いと思うけど、そのなんというか、
そういうヤバイ間に飛び込んだ(対応を怠った)オッサンも、アレだな。


ま、どんなになっても大丈夫って運転じゃなく、相手が避けるとか、停まるとか、そういうことを当てにして、
自分は運転をサボった結果だよね。

なんか、

俺、優先道路、相手、確認怠り飛び出してきてぶつけられた、俺悪くない。

って、アホだよね!

俺、優先道路、相手、確認怠り飛び出してくるかも?って思ったから、避ける準備してた、予想通り飛び出してきたけど、
準備してたから、避けられた。

自分以外を信じちゃ駄目だと思う。

最悪を想定して、どんなになっても、ぶつからない、倒さない。

サーキットでは、上手いヤツってのは、コケないやつってね!
公道では、事故ら無いヤツだと思う。

あと・・・ついでに、壊さないヤツってのも上手いヤツに入れたい。


余裕持って、乗ろうよ!

ブリッピング

Category: オートバイ  
昨日の帰り道でな、前にSSが居たんだ

渋滞中のクルマの後ろで、並んで居ればいいところを、
左端のすり抜けスペースで止まってやがる。

そこは、すり抜けするバイクが通るトコだっての!

暫く待っていたけど、後ろには、すり抜けバイクが3,4台ならんじゃって
じゃまなんで、プッ!ってクラクションを鳴らした。
でも、避ける気配なし、

仕方ないので、一旦右に並んで、真横から寄せて、左手で合図して、割り込んで、クルマと歩道の間をすり抜けようとしたところ。

SSは、なんか、じゃまされたと勘違いして、ブリッピング

いや、ずっとじゃましてたのはオマエだから!

ブリッピングした後、ついてきたのなら、私がじゃましたのかも知れないけど、
ついて来れないわけですよ。

私の後方に続いていた他のバイクもそのSSを避けて、すり抜けて来てる。


ブリッピングしたいのは私のほうだから!


たぶん、ちいさいバイクだから、すり抜けが楽で良いな、俺のは重くて、大変なんだよ!
なんて、ヘルメットの中で呟いているじゃないかな?・・・

すり抜けするのが楽でも、その分アンダーパワーな車両
パワー有るけど重くて、微細なコントロールが難しい車両
パワーもそこそこ、重さもそこそこな250

いや、どんな車両でも、選んだのはオマエだから、それを言い訳にしないほうがいいぞ。

てか、そんな事言ってるようだから…

モレでも、ZZ-Rでも、あんま変わらんと思う。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村、ランキング参加中


クルマでも、バイクでも、周囲に気を廻せ!

たとえば、ミラーを見て後方確認する間隔、それと後続車両の近づき具合
どのくらいのスピード差があるとか、邪魔しているとか、
他車との間のとり方、コミュニケーションを取れないまでも、相手の意志、動きを読み取る、予想する。
そういうことをスマートにやりたいね。

あの夏からずっと

Category: オートバイ  
風の噂で、山本くんのお母さんが亡くなったことを知った。

私と山本くんは中学までの同級生、山本くんは母一人子一人の家庭に育ち、高校を途中で辞めて、仕事してたんだか?、遊んでたんだか、

幼稚園が一緒だったので、親友ではないが、仲も悪くなく、会えば、馬鹿話をする仲であり、バイクも見せてもらったが後ろには乗らなかった、赤いFXだった。

たぶん、お母さんに買ってもらったのだと思う。

半纏着て、ドカヘルを首から後ろへ垂らし
当時の定番スタイルで走る姿をちょくちょく見かけた。
すれ違いざまに、手を挙げて、挨拶したもんだった。

部の合宿から帰ったらあの17歳の夏の日、彼が死んだとオヤジに言われた
直ぐに彼の自宅に行った。
もう中学の同級生が集まって、小さな自宅が人で溢れていた。

聞けば、あのコーナー外側の車庫に突っ込んで
ヘルメットは、たぶん被っていなかったと…

今から35年前の出来事だ。

それからは、お母さんはどんな思いで暮らしてたのだろうか?
最愛の息子を亡くし、生きる希望もなにも失ったんじゃないか?と

家族が少ないからダメで、多いから死んでもいいとは言わないが、母一人子一人の家族で、
どちらかが亡くなったら、たった一人になってしまい、他の家族と会話すら出来ない分、すっごく寂しいと思う。

山本くんが生きて居れば、孫に囲まれてと想像される分、なんともやるせない。
幸せな家庭を息子が築くことを一番に望んで居たことだろう。

************
知人は、事故を起こし身体が治っても居ないのに、次のバイクの品定めしている。
いや、命が有っただけ、ラッキーだと思い、もう降りた方が良いと思う。降りることを勧めてる。

今回、死ななかったから、次も大丈夫って思っているのだろうか?
「大丈夫!」って過信し慢心した結果が事故なんだろうにね!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村、ランキング参加中

この出来事は、私にも大きくのしかかり、
バイクの免許を取得するのはそれから20年以上経過してからになった。

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ス

Author:ス
名前:ス(スクラフィー)

出来ない言い訳を考えるくらいなら・・・その前に行動しろ。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR